メガネのフレームの機能性を比較

プラスチック製のフレーム

メガネのフレームは、デザインや色も大切ですが、軽さや耐久性といった機能性の観点から選ぶことも重要です。機能性重視の素材として、プラスチック素材のフレームが普及していると言えるでしょう。プラスチック製フレームには、セルロイドやアセテートのほか樹脂製のものがあります。セルロイドは硬質で衝撃に強い特徴があります。透明感のある外見に人気がありますが、熱に弱いという弱点があることも否定できません。アセテートはセルロイドより柔軟性があり、強い紫外線を受けても劣化しにくい素材と言えるでしょう。樹脂素材のフレームは、軽さや耐久性の面で上記2者より優れていると言われており、肌に馴染みやすい柔軟性を保ちつつ、型崩れしにくく長期使用に耐えられるとして広く普及しています。

メタル素材のフレーム

機能性に優れたメガネのフレームとして、チタンやステンレスなどのメタル素材も幅広い年齢層に使われています。チタンは硬くて加工が難しいものの、軽くて丈夫な素材として愛用されていると言えるでしょう。チタンのバリエーションとして、チタンより弾力性の高いベータチタンという素材があり、主にテンプルに使用されています。ステンレスはやや重い素材ですが、耐食性が優れており、海水などの塩水に浸けても錆びません。弾力性も高く、テンプルやフレームのフロント部分に使われています。合金はチタンの前に主流だった素材ですが、やや重いため敬遠されているのかもしれません。ただし、合金は粘性が高く、加工しやすいメリットがあり、装飾に向いていると言えるでしょう。