メガネのフレームの材質を比較

金属系のフレームについて

メガネを選ぶ際に、レンズと同様に重要なのがフレームです。どの素材のフレームにするのかで、かけ心地が大きく変わってくるからです。もしもアレルギーを持っているなら、チタンで作られたフレームにすると良いでしょう。理由はまず、かぶれにくいことが挙げられます。また塩分に対して強いため、汗をかいても錆びにくいのです。加えてチタンは軽いので長時間メガネを着用していたとしても、耳や鼻が痛くなりにくいというのもメリットです。そしてベータチタンと呼ばれる素材の場合、誤って踏んだとしても復元力が高いのが特徴です。他にも弾力性と高い強度を併せ持つゴムメタル、加工しやすいためいろんなデザインのフレームが作れるアルミなどがあります。

非金属のフレームとは?

非金属のフレームなら、樹脂で作られたものが良いです。金属系のフレームよりもさらに軽いです。もちろん金属に比べると強度は落ちますが、それでも高い弾力性があり、高温や低温でも変形しにくいため一年中使用することが可能です。さらにセルロイドというものがあり、硬いため加工するには非常に高い技術を必要とします。その分破損しにくいですし、きちんと磨けば美しい艶が出る素材なのです。ただ最近ではアセテートの方が主流になりつつあります。これは燃えにくい上に加工しやすく、そのため豊富なデザインのものが作れますし、いろんなカラーのフレームがあるのです。いずれの樹脂も比較的肌荒れしにくいと言われているので、金属アレルギーの人に向いています。