メガネのレンズの厚さを比較

メガネのレンズが厚くなる理由

メガネのレンズは製品によって厚さが異なりますが、視力矯正用のメガネの場合は視力が低い人に用いるレンズほど厚みが増す傾向にあります。これはレンズの屈折率によって見え方を調整しているためです。視力が低くなるほど必要な屈折率も低くなり、レンズが厚くなってしまうのです。レンズの材質については同じ度数の場合、ガラスよりもプラスチックが厚くなります。ガラスよりもプラスチックの方が屈折率が低いのが原因ですが、レンズ製造の技術力が向上したことにより、ガラスと同程度の厚みに留めることが可能になっています。その一方で特殊な加工が必要になることから、一般的なプラスチックレンズよりもコストが嵩む事実は否定できません。

レンズの厚さと耐久性について

一般的に厚みのある物ほど頑丈というイメージがありますが、メガネのレンズについてはそのイメージは正しくありません。むしろ、厚いレンズほど重たくなり、落下の衝撃で割れるリスクが大きいと言えます。ガラスよりもプラスチックの方が割れにくくなっていますが、それでも強い衝撃によって割れてしまう可能性は否定できません。レンズに特殊な加工を施すことである程度は耐久性を向上させることができます。また、薄いレンズは側面部分の面積が狭いため、同じ衝撃を受けても厚いレンズより割れにくいと言えるでしょう。フレームの材質やデザインで衝撃を抑えることも可能ですが、メガネは丁寧に扱う物なので、日頃から細心の注意を払うように心がけます。